栄養士とは



栄養ケアステーション

新規会員募集中

生涯学習

賛助会員

いしかわヘルシー&デリシャスメニュー

Iスケール

働く場所

栄養士・管理栄養士は多種多様の第一線で働いています。

病院

病院、診療所での病気の治療・回復・合併症の予防を目指して、患者さんの栄養管理や栄養指導を行っています。診療報酬の対象となる栄養指導は管理栄養士が行った場合のみです。

学校

幼稚園、小・中学校および夜間定時制高校に勤務し。栄養管理、食教育にあたっている他、国・件・市町村教育委員会に勤務して、行政指導を行っています。

福祉施設

利用者の個別栄養管理、栄養指導・食教育、給食管理、食事形態の開発・普及、摂食障害児・者等への摂食訓練参画、調査・研究、地域活動等を行っています。

行政

都道府県・保健所・市町村保健センターで、地域住民の健康を考えて栄養指導や保健事業を行っています。
「健康日本21」の地方計画の策定、健康・栄養調査、給食施設指導、健康展・栄養学級開催、健康情報の収集および提供、食改善グループ育成、栄養相談・指導等も行っています。

地域活動

行政とともに、地域住民の健康づくりの一翼を一緒に担っていく活動を展開しています。
地域における公衆栄養活動、例えば医療・介護の必要な方への栄養管理活動、一次予防のための健康づくり活動、調理科学および技術活動、スポーツ栄養活動、食品開発活動など、1つの職域に限定せず多岐にわたって活動しています。

防衛施設

自衛隊や防衛大学校、防衛医科大学校などの施設に勤務し、給食業務(野外・洋上・機上・PKO給食を含む。)、食品開発、調査研究等を行っています。

研究

食品・栄養にかかわる調査・研究・開発を大学、研究機関、食品会社等に勤務し、研究活動(基礎・臨床・公衆栄養、栄養教育、栄養改善の評価、健康増進、食品開発等)、各種調査活動等を行っています。