超高齢社会の到来により、健康寿命の延伸が重要な課題となっており、健康の維持・増進、生活習慣病や疾病の重症化予防、フレイル予防を目指すことが大切となっています。そのためには、食事・栄養面での管理も大変重要となってくることから、地域た医療機関において市民に対する栄養支援を行うための拠点として「栄養ケアセンター」を(公財)金沢健康福祉財団内に開設します。多職種との連携を図りながら、管理栄養士として食と栄養に関する事項に対処し、市民が住み慣れた地域ですこやかに過ごすための方法を探ります。

詳細はこちらをご覧ください。

日時

令和元年11月16日(日)14:00~16:00

場所

金沢健康プラザ大手町 東館4階(金沢市大手町3番23号)

内容

開会挨拶

講義①『食支援と地域の取り組み(仮)』 荒金 英樹 医師(愛生会 山科病院)

講義②『山科地域ケア愛ステーションの実践』 樹山 敏子 管理栄養士(山科地域ケア愛ステーション)

事例紹介、閉会挨拶

対象

医師、歯科医師、薬剤師、医療機関スタッフ、介護支援専門員、地域包括支援センター職員、相談支援専門員、行政職員、その他在宅医療・介護に携わる多職種など

※本研修は主任介護支援専門員更新研修の受講要件の対象研修です。

定員

100名

参加費

無料

主催

金沢市、金沢健康福祉財団

共催

金沢市医師会、石川県、石川県栄養士会

お問合せ・お申し込み先

申込用紙に必要事項を記入し、金沢栄養ケアセンター準備室までお申し込み下さい。

申込締切:11月5日(火)

金沢栄養ケアセンター準備室((公社)石川県栄養士会内)

TEL:076-259-5061 FAX:076-259-5062 E-mail:ishikawa-ei@celery.ocn.ne.jp